Back to Top

19 5月 2016

精神症状とは

精神症状とは苦悩や異常を伴う心理的な状態のことと言われています。
これは、他人から見て振る舞いが異常であるとかではなく、本人が心に苦痛を感じているかどうかによって適用されます。
他人から見て何でもなくとも、本人が苦しいと感じ、そのことでストレスを感じるようであれば何らかの精神症状があると判断されます。
このような苦しい状態を、自己解決できない時に言われるのが精神症状です。
特に、うつ病の場合は原因がある場合もありますが、何の原因もない場合があります。
現状では、本人の訴えのみにより病気の診断がされています。
一般的には脳内のセロトニンやノルアドレナリンの多少が原因とされていますが、現段階ではそのような状態を調べる方法がないために、本人の訴えに頼らざるを得ない状態です。

Continue reading..精神症状とは
19 5月 2016

精神症状の一つ、ウェルニッケ脳症とは?

精神症状の一つであるウェルニッケ脳症とは、主にビタミンB1によって起こる脳症となっています。
ビタミンB1の欠乏のみによって発症することもありますが、アルコールをよく摂取する人にも起こりやすいと言われています。
現在では栄養障害によってこの病気になることは少なくなったのですが、アルコールの過剰な摂取や栄養素の偏りなどによって発症してしまうことが多いです。また、胃の全摘手術を行うと欠乏状態が起こりやすいことも分かっており、つわりなどで食事ができなくなって点滴治療を受けたけれど、点滴中にビタミンB1が入っていなかったことで発症してしまうこともあったということです。ビタミンB1測定の血液検査は結果が出るまでに時間がかかるのですが、ビタミンB1が欠乏することで知覚障害が起きてしまうこともあります。

Continue reading..精神症状の一つ、ウェルニッケ脳症とは?
19 5月 2016

精神症状の一つ、エリテマトーデスとは?

エリテマトーデスとは若い女性に多くみられる疾患のことなのですが、発熱や貧血、関節痛、蛋白尿など全身にさまざまな症状が現れることが特徴です。
この病状を全身性エリテマトーデスと呼んでおり、自己免疫病とも呼ばれまています。尿蛋白が多い時やけいれんや精神症状が出ている場合、しっかりと治療をしていく必要があります。また、呼吸困難や肺出血などの症状が出てしまうことがありますし、流産しやすいので病気が安定してから妊娠することが大切です。治療ではステロイド薬を使うことになるのですが、効果がない時には免疫抑制薬を使います。薬には副作用があるので正しい使い方を知ってから使うようにしましょう。ステロイド薬の副作用にはいろいろありますが、十分に使わないと生命の予後が悪くなってしまいます。

Continue reading..精神症状の一つ、エリテマトーデスとは?
19 5月 2016

精神症状の一つ、胸郭出口症候群とは?

肩のこりや腕や背中のだるさなどといった症状で悩んでいる人もいるでしょう。
病院へ行くと胸郭出口症候群と診断されることもあるのですが、あまり聞き慣れない病気なのでよく分からないという人も多いかもしれません。胸郭出口症候群とはどんな症状のことなのかについて知っておくと良いでしょう。肩こりは骨や椎間板などが原因となるだけでなく、ストレスなどの精神症状や睡眠不足などによって起きることもあります。なで肩の人も起こりやすいと言われており、長い時間負担のかかる姿勢を続けることによっても、肩こりや腕のだるさなどの症状が出てきます。治療のためにはマッサージやストレッチが効果的なのですが、それよりもまずは日ごろからのケアが大切となります。姿勢を正しくすることが一番の方法であると知っておきましょう。

Continue reading..精神症状の一つ、胸郭出口症候群とは?
19 5月 2016

精神症状の一つ、起立性調節障害とは?

小学校高学年から中学生くらいの子供でたちくらみや頭痛、腹痛などの不調を訴えて病院を受診することがあります。
一般的な診察や検査で異常が見つからない場合、起立性調節障害と診断されることになります。この起立性調節障害は思春期で最も起こりやすい病気の一つとなってます。精神症状の一つである起立性調節障害の子供の場合、朝はなかなか起きることができず、夕方になって元気になり、夜になってもなかなか眠ることができません。それによって学校を欠席したり引きこもりがちになってしまうため、最近になって注目を集めるようになりました。現在では起立直後の血圧を測定する検査機器が開発され、身体機能の異変にいち早く気付けるようになりましたし、一人ひとりの子供に合わせた治療が可能となったのです。

Continue reading..精神症状の一つ、起立性調節障害とは?
19 5月 2016

精神症状と妊娠の関係

妊娠によって気分が沈む状態はマタニティブルーと呼ばれます。
基本的に妊娠中はホルモンバランスや自律神経などの関係で、誰でもナーバスになるものとされています。ですが、不安な気持ちから本当に深刻な精神症状へと発展していく可能性があるために、軽視は禁物です。精神障害の治療には通常薬物による経過観察が行なわれますが、妊娠しているとその手段は制限されてしまいます。そのためカウンセリングなどの対人療法によってケアされます。
出産後も、育児や教育など不安の種はたくさん待ち構えています。出産すれば全て元通りになると安直に考えず、パートナーや産婦人科医、精神科医など頼れる相手に相談しましょう。理解を得られなかったとしても、自分の精神状態から目を背けてしまう行為が一番良くありません。

Continue reading..精神症状と妊娠の関係
15 7月 2016

ホルモンバランスと精神症状の関係

ホルモンバランスも精神症状に関係するものなのです!絶対多く方がご存知ないことでしょう…
気分が落ち込むなんてことは誰にでも起こりうるものですよね!?女性ならば生理前なんかは特に精神症状がスゴイことになると思います。そして、その精神症状はホルモンバランスが崩れていると大きく影響するのです。
女性のホルモンには、卵胞と黄体という2つのホルモンがあります!
ホルモンバランスが崩れた状態というのは、卵胞と黄体の2つのホルモンが体内で正しく分泌されない状態を指していて、量が多かったり少なかったり!期間が長かったり短かったり!などと、精神症状を乱す原因のひとつなのです。ですから、精神症状が乱れたと感じたら、ホルモンバランスのことを常に気にかけることが必要かと思われます。

Continue reading..ホルモンバランスと精神症状の関係